読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまには休め!

いつも、『気を失うまで踏め!』的な事ばかり書いてますが、休息も大事ですね。

というか、休息こそ大事。休みが有るから、頑張れる。

特にM性の強い競技者は、行けるところまで体を追いこむ性質が有るので、注意が必要。

脚が逝ってしまってる状況、慢性疲労を貯めこんでいる状況では心肺に刺激を与えるほど

踏めません。

ロング、セミロング、リカバリー、インターバル、スプリント、休息等を必要に応じ自在に

組み合わせる。

メリとハリですね。

 

練習日記は必須です。過去の振り返りと、練習予定、体調管理に。

書く内容は1、どこを何キロ、2、総合タイム、3、パートタイム、4、体調及び所見。

あ、今はワット数を管理している方も多いですね。

これを練習カレンダーに書き込む。ブログは一覧性に難がある気がしますが、

アプリとかで一覧性を解決できるなら、デジタルでも。

これを毎日書いて眺めていると何が足らないか、何をするべきかがなんとなく見えてきます。

漫然と、走ってはいけません。

 

練習は 朝練、夜錬共に定番の数コースで固定したほうがいいと思います。

固定するとコース、路面状況の把握が出来る、時間管理が出来る、タイムの比較が

出来るなどのメリットが有ります。

特に夜、朝は危険が多いので、コースを知っていることで安全性が高まる点も重要です。

 

さあ、朝でも夜でも時間を作って走りましょう。

時間が無い?起きれない?やる気がない?

やる気がないはどうしようもありませんが、やる気が有れば時間が無い、起きれないは無い話。

時間は作る。朝は起きる。

シルベストの強いメンバーも乾いたぞうきんを絞るようにして時間を捻出しています。

起きれないは、起きる。どれだけ強くなりたいか、その想いは睡魔より軽いのか?

結局は気持ちの強さが競技力の強さ。

当たり前の結論だな・・・。