読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウエアで迷わないために

一気に冬が来て、今日の高山は4度。

でも、天気予報が冬だ、冬将軍だと騒ぐから、

心の準備十分で、どうってことなかったな。

 

朝練で起きたらまずすることは、気温を見る事。

私の場合は窓の外の網戸に温度計をつけている。

ここで気温を見ると、高山はその気温の―4度。

そして装備を決める。

朝起きた時、寒く感じたり、テレビが大げさに言うと迷うが、

結局、気温に合わせるのが一番。

寒いのは自転車乗りには致命的だが、着すぎで暑いのも

相当鬱陶しい話。

短い朝練は快適に過ごし、気分爽快にもがく(笑)。

そのためにも温度計の設置はお勧めです。

 

シーズンオフで飲み会が多発し、体調維持が難しい。

しかし、とことん調子を下げると後が大変なんで、

ちょこちょこ隙間を埋めるように乗る。

 

まず、最初の発想は、”飲み会でいっぱい食べたから少しはカロリー燃やさないと…”で、

飲んだ次の日なり、その次の日に朝練をしようとするカロリー燃焼”後追い型”。

でも、実際は次の日は眠く、二日酔いで出来ない。

仕方がないので、その次の日に朝練をしようとすると、雨だったり。

で、次に出てくる発想が、どうせいっぱい食べるから、先に朝練しておこうと言う”先行型”

だが、そうこうしている内に、また飲み会が入ってきて、間に朝練が挟まり、

今日の朝練は先行なのか、後追いなのか解らなくなる。

解らなくなって、結局は”走れるときは走る型”に。

これが結論。

 

ごちゃごちゃ言わんで、走れるときに走れば良い。