読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマフォと走りの相関関係は・・・

行けると思ったら、急にパワーが無くなってオールアウトになる。

全然アカンやん。

 

走りの話ではなくて、スマフォの話。

年末から、充電が半分ぐらいになると次の瞬間には、急に充電がゼロになり電源が落ちる。

いわゆる突然死。

携帯電話店へ行って、修理と代換え機の手続きでしっかり時間を取られた。

アプリが・・・相性が・・・、もういいって!

WIN98時代のパソコンと同じで、アンドロイド携帯の不完全さに振り回されるな。

 

犬の飼い主が飼い犬に似てくるって話があるけど、今回の携帯トラブルは

最近の自分の走りに似てるな。

1stで頑張ると2stで突然死。

1st流して、2stで頑張ると3stで突然死。

突然死のオンパレード。

ま、死の予感はつなぎの移動で予感しているのだが。

 

朝練に行ってきた。

よく放射冷却が効いていて、絶好の冷え具合。

異常なことをしているという感覚が、楽苦しい。

山中ではキャットアイのメーターで-5度を記録。

流石にこの気温になると、路面状況に注意を払わねばならない。

ウエットになる状況・・・例えば雨が乾いていないとか、雪が降った後とか、

霜が大量に降りているとかの状況でないか。

 

実は、数年前に一日の朝練で2度も落車をした。

交差点で前日の雨が凍った路面にやられて落車。

そのあと立ち上がって、走り出した1分後に更に落車。

2度目は細心の注意を払って走行していたけど、本気で凍結している路面相手では

ロードのタイヤでは全く歯が立たない。

直線でフロントタイヤが横にずれた。

 

今日は数日前に撒かれた凍結防止の塩カルのシミが微妙に怖いが、特に凍結もなく

無事朝練終了。

しかし、年末、正月とサボリにサボった体は、正直なものでキレがないこと甚だしい。

練習にもならないレベルではあるが、ひたすら我慢のペダリング

ただただ、踏む。

こういう調子の悪い日は、心拍も上がらず、走ることに意味があるのかと自問自答するが、

今は走ることに意義があると信じ、予定通りのコースをひたすら踏む。

不思議なことに、明日はちゃんと踏めたりするのだ。

 

帰って体重計に乗ると、年末から2キロの増量。

流石に走らずに、飽食の年末、正月を越すと太る。

減量の観点からも、耐えて踏んだのは正解であったと再確認。

普通に練習を続けていればそのうち体重は元に戻る。

気にする必用はない。

今は我慢の時期、ひたすら継続。

 

さて、明日は天気が悪いようだな。

また、嫌いなローラーか・・・