読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツールに呼ばれたらどうしよう!

夜中に目が覚める。

妙にのどが渇いている。

のどが渇くことは想定内で、枕元にお茶を用意している。

一口飲んで、時計を確認。2時か・・・。

再び眠りに落ちる。

ふと目が覚め、時間を確認。

朝練も休みなのに4時45分。

いつもの時間か…悲しき習慣。

多少時間がずれてもいいなら、

目覚まし時計も要らない。

体内時計って素晴らしい。

ああ、やっぱりか・・・。

何がかと言えば、脚のダルさ。

昨日の朝練で、カーロスに限界まで追い込まれた。

意地と根性で張り付いて行った代償。

やり過ぎると、次の日疲れが残る。

ん!?

なんか似てると思えば酒と同じ。

飲み過ぎると、次の日残る。

『最近弱くなった』とかよく聞くし。

酒もそうだが、自転車もやってる時は楽しくて

後先考えずに、行ける所まで行ってしまう。

そして次の日。

ダル~。

 

人によって酒の強さに違いが有るように、

疲労の回復も、人によって違うと思う。

激しい練習やレースをした翌日に、疲れが残ってなく

フレッシュな状態で走れれば、トレーニングの自由度は高いし、

トレーニング効果も高い。

しかし、対アルコール能力が根本的に鍛えられないのと同様に

対疲労回復の能力は鍛えることが難しい。

天から与えられた、才能の一つ。

残念ながら、自分の回復能力は平均以下のようだ。

 

大事なことは、自分の体の特性を把握して、練習やレースに挑むこと。

変えられない事を、嘆いても仕方がない。

適当に休みを入れながら、うまく自分の練習パターンを作ればいい。

 

今のところ、ジロにも、ツールにも出場予定はないしね。