読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人に言いにくい・・・秘め事。

私は時折、人には言いにくい一人遊びをすることが有る。

墓場まで持っていくより、次の世代の選手に有益に利用してもらえれば本望なので、

(有益なのか?)恥を忍んで晒す。

 

まず、準備は一人になる事、これは重要。

他の人がいると恥ずかしいし、集中できない。

九十九折れの峠なんかでやるのが盛り上がる。

集中して走る。アップテンポで走る。

心肺が限界近くなって、幻覚が見えてきてもおかしくない状態になったらスタート。

まずは、沿道に鈴なりの人がいるのを想像する。

みんなが自分に声援を送っている。『アレー、アレー』ここはヨーロッパ。

なぜかここは世界選手権ロードレース。

道路には白いペンキで選手の名前がたくさん書いてある。

最終周回を迎え、最後の峠を集団を抜け出し逃げている。

集団は30秒遅れで、猛追してきている。

男のロマン頂上ゴール。

一人逃げだ、命を懸けて踏む。

頂上まで行けばアルカンシェルが待っている。

(世界選手権で頂上ゴールは無いと思うが、そこは無視)

後にはチームカーが。

踏む、踏む、心の底から踏む。

追いつかれたらすべてを失う。

そして頂上へ。

自分の中で逃げ切ったと思ったら、しっかり後ろを確認し、

誰もいなかったら(恥ずかしいし)、しっかり両手を上げてゴール。

 

一人の練習で、惰性、マンネリが続きただ走っているだけ、

『偽りの限界』を無意識に設定して、「今日も練習したからよかった」では強くならない。

高強度が必要な時はきっちり追い込まないと、その日、一日の練習が無駄になる。

自分をその気にさせるための疑似レース。

私はそれほど精神的に強くないので、たまにこれを導入してますが、ここまでしなくても、

ちゃんと追い込める人はこんなめんどくさくて、恥ずかしい事をする必要は無くて、

普通に追い込んでもらったらいいと思います(笑)

 

ああ恥ずかしかった・・・。