読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年の瀬を迎え思う

年内最後の朝練へいった。

晩は忘年会なので、その前受け的な感覚。

天気予報とは違って、ちらちらと霧雨が降る微妙な天気でテンションは下がる。

脚の調子も、今年最後の朝練を飾るにはあまりにも寂しい状態だった。

なんでこう上がったり下がったりするかな。

今日は本人的には上がってるはずだったのに。

 

今日も電動シフトの慣熟走行。

立ったり、座ったり、色々やってみる。

フロントのインナーからアウターがやっぱり凄い。

広島3段坂の登り切った後の下りのいりでは、一踏み分ぐらい稼げそう。

 

では電動はレースを走るうえで必需品かと問われれば、どうだろう。

上で書いたことと矛盾するが、私としては、有ればうれしいが、無くても

レースに支障はないと思う。

自分でお金を稼ぎ、趣味でやっている大人は、電動でも手動でも好きな機材で

レースに挑めばいいと思うが、若くお金が無い選手が無理をしてまで、導入しなければ

ならないと言うものではないと思う。

ワイヤードのSTIで十分だし、それが原因でレースで遅れる事は絶対に無い。

Wレバーで広島を走った私が言うんだから間違いない。

 

さて、あっという間に年末になってしまった。

来年ジャンプアップを願う、モチベーションの高い選手は、遅くとも1月中には

始動し始めなくてはいけない。

ひつこいが、始動に当たっては年間目標、期間目標は必須。

春までに何をするか、しなければならないか、GWまでには・・・。

夏までにどうなりたいか、なるために何をするのか。

秋の大事な試合を勝に行く・・・そのために夏をどう乗り切るのか。

具体的な目標を立てて、勝つイメージをする。

イメージを現実化する方策を考え。

実行する。

決めたら、淡々と継続。

 

個々によってとらえ方は其々ではあるが、実業団で上へ、上へと目指し、

自分がどこまでやれるかを知りたいなら、いつも自転車を中心に思考しなければいけない。

それ位に厳しいが、それ位にやりがいが有る世界。

 

年末年始は十分楽しんで、少し休憩した後はトレーニング始動。

今からなら、来シーズンに人生最速、人生最強を狙えます。

まずは計画、なんにしても、取りあえず目標設定。

だって、昔からいうじゃないですか・・・

 

『一年の計は元旦にあり』って。