読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い込み。

 

仕事で建物の管理をしている。

管理物件には築の古いものが多くて、色々なトラブルが起こる。

小規模の建物ではよくあることだが、定期のメンテナンスをしない。

つまり起こる事故に対して、場当たり的に対処をする。

本来は修繕計画を策定し、積立金から計画的に支出するのが理想的。

しかし、現実はそうならない。

 

頻発するのが漏水だ。

エアコンのドレン水、給水管、排水管。

厨房の防水切れ、そして雨漏り。

これらの原因を調べて、家主負担、テナント負担をジャッジする。

その裁定に納得してもらえるように、調査は正確さを要求される。

 

しかし、厨房の床の中で起こる水漏れを正確に把握したり、

複数のテナントが絡む事象を解析するのは相当難しい。

問題の切り分けが大事。

天候との関連性から、雨水とそれ以外に切り分ける。

室内なら漏れ時間や休業日との相関関係を見る。

そうすることで、およそ給水か排水かエアコンのドレンかが

見えてくる。

 

こうして書くと簡単に原因追及できそうだが、なかなか難しい案件も多い。

多くの事例で問題を複雑化させ、原因を見えなくさせるのが”思い込み”だ。

給排水の専門家や、内装の仕事に携わっている方は特にその思い込みが激しい。

プロ意識が余計に目を曇らせる。

 

今見えている事象や調査時のデータを無視して自分のストーリーに当てはめようとする。

こちらが、そのストーリーはこの点で違うのではないかと進言しても、既にその方の

頭の中に強固なストーリーが出来上がっているために聞き入れて頂ける事が難しい。

 

一旦ストーリーが固定されると、確実にそのストーリーの矛盾が証明されない限り

そのストーリーに拘泥し、その他の事実を何らかの理由を付け否定をする。

そして、問題解決への道は遠のくのだ。

 

過去に職人の書くストーリーの間違いの為にかなりの苦労をしてきた。

また、自分自身も過去には多くの思い込みからくる、間違いを経験してきた。

だから今は現場に立つときは一切の思い込みを排除し、冷静にあらゆる可能性を

考慮し問題解決に当たるようにしている。

 

調査の途中で自分の思い込みがあると、ある者を漏水の犯人と仮定することになり

そこには、犯人に対する態度がどうしてもにじみ出てくる。

その後の調査で、原因が別にあると分かった時の罰の悪さは筆舌に尽くしがたい。

冤罪事件だから。

 

思い込みでモノを言ってはいけない。

証拠もないのに誰かを悪く言ってはいけない。

ちゃんとした情報に基づき、原因を追究し改善する。

基本的な行動として肝に銘じている。