読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥ずかしながら曲がってました・・・

変わらない訳ではないけど・・・

なんかちゃらちゃらしたり、落ちにくかったり。

イマイチ爽快感が無かった。

電動アルテの話。

 

クワハラ時代の仕事は鉄フレームの作成。

大量生産のマウンテンバイクとかロードのフレームの溶接作業。

まぶしくて目がいかれるので、緑のサングラスして。

ガスのトーチを右手に、真鍮の溶接棒を左手にフラックスを塗りぬり付けて

真鍮が溶けてラグ(パイプとパイプをつなぐ継手)とパイプの間に流れる温度に

加熱し、真鍮を溶かしながら流し込む。

競技の世界からは鉄フレームはあっという間に駆逐されてしまったが、

その自由度と素材の特性から、細々とではあるが生き残っていくんだろう。

 

クワハラに就職する前、浪人時代は大手自転車チェーン店でバイトをしていた。

そんな自転車作成やメンテの仕事の過去がある私なので、自分の自転車は勿論、

一緒に走る自転車のオイル切れや、プーリーの泣き等の異音が気になるタイプ。

走りながらつい目が行くのが、前走者のRディレイラ―。

構造的に落車で道路に打ち付けられる箇所なので、結構エンドが曲がってる自転車が多い。

 

灯台下暗しとはよく言ったもので、曲がってた。

リアエンドが。

目で見ても解らない程度だけど、なぜか外開きに。

ワイヤー10速では支障なく使ってたけど、11速はさらにギアの間隔が狭くなって

シビアさが増しているようだ。

カンパのエンド修正工具で修正を試みたが、過去にエンド修正を繰り返しているので、

さらなる修正は無理で、最終的にはエンド交換となった。

 

エンドの交換後、実走してみると、見事にプーリーのチャラつきがなくなり、

変速スピードも速くなり、快適感がぐっとアップした。

どんな高性能なディレイラーも、ベースになるエンドが曲がっていては、性能は発揮できない。

変速の調子が悪い方は、是非この時期にショップへ行って、見直してもらってほしい。

 

残る不満は、変速レバーのクリック感かな。

今は手袋が厚いから、特にそう感じるのだろうけど。