読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲劇は繰り返される

一人三重合宿の走り込みを経て迎えた、夏休みの締め的な企画。

”大台ケ原に登りましょう!”

最近体も絞れてきたので、どれくらい走れるのか自分でも興味があった。

 

実は大台は過去に1度しか登った事が無い。

遡る事26年ほど前に、実業団メンバーと登頂し、ダダ遅れで地獄を見ている。

以来、10分を超えるような登りは弱いと自認している。

26年も経つと忘れる。あの日の苦しみ。

同じ轍を踏むとはこの事か。

 

詳細は他の方のブログに譲るが、私自身は登りは遅れまくった。

良かった点は、大台以外は遅れても継続して踏めたこと。

中盤の平地セクションも頑張れた。

これまでは千切れたら全く踏みなおせない状況で、後は練習にならなかった。

徐々に良くなってきている。

DSC_0190

 

予定外だったのが五番関が通行止めで、下市まで迂回しないと天川へ帰れなかったこと。

この気温で通行止めで遠回りって、相当精神的、肉体的にきつい。

帰省とキャンプ帰りの不規則運転の車とその排熱との戦い。

”上げるのはなしね”の約束は守られるはずもなく、最終的に集団は分解し、

腐臭漂うゾンビ状態で天川へ帰りついた。

tenkawa

到着後、冷たい川で水冷。