読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本気で信じていた

ツールドフランスに出たり、世界選手権で優勝したり。

競技を始めたころの目標。

いつかやるぜ。やれるはず。

本気で信じてた。

 

競技を始めてから同年代として弱かった時期がほとんどなく、

それなりに走れたもんだから、思いっきり調子に乗ってた。

結論それは勘違いであり、夢は果たせなかったけど、大きな夢を持ったことは

ちょっとこっぱずかしいが、恥ではなく良き思い出であり、自分の原点でもある。

 

かなり前になるが、実業団登録してる高校生から相談を受けた。

海外で走るにはどうしたらよいか。強くなるにはどうしたらよいかと。

アドバイスをして、『強くなりたいんなら朝練こいよ、一緒に走ろう』と呼びかけると

『朝弱いんで、起きれないんですよ』と。

夢は大きく素晴らしいが、明日の朝練は出来ないと。

本気で夢を追うなら、朝練なんて何の問題もないはず。

今日の事をできない、今週やらなければならない事を出来ない人に夢は追えない。

 

夢を持とう!

少年は大きな夢を。

中年は奇跡的に実現できるぐらいの夢を。

壮年は何とかやれそうな夢を。

そして、計画しよう。

今週の事、春までにやる事、秋までにやる事。

冬の間にすること。

一年後の自分、3年後の自分…

 

取りあえずは、何はともあれ朝練ですね。

私もチャレンジャー。

明日も朝からよだれ垂れてきます。