読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃 桃 桃

今日は久々に朝練なし。

昨晩は、”明日は朝練ないわ~”的な解放感を味わい酔っぱらう。

 

先日の天川村グルメライド?の帰りに地物の桃を買って帰った。

これが、とっても美味。誰かが言ってたけど奇跡の果実ですね。

今は美味しく頂いている桃ですが、よだれ、汗、の流れる中で沢山の桃を食べてきた。

今の競技者は全く知らないようですが、私たちの世代の試合での補給食は桃。

桃の缶詰なんです。

 

試合に向かい、宿の近くのスーパーで桃缶を買う。

黄桃はだめ白桃の缶詰限定。

黄桃は固い。

この時、ビニール袋を多めに頂く。

宿で、桃缶を開けて一口サイズに切り、適度な汁と共にビニール袋に入れ縛る。

縛った後の、余った部分のビニールは切り捨てる。

これで完成。

これを選手みんなでわいわい言いながらいっぱい作る。

結構楽しかった。

これをレース中おもむろに、取り出してビニールを歯で破り食べる。

そして袋は投げ捨てる(ごめんなさい、そんな時代です)。

もちろん、バナナとか饅頭とかもあったけど、個人的には桃の一手だったな。

栄養学的にはかなり疑問。

詳細は省きますが1989年、宇都宮の世界選手権の前年の段階で、補給食に桃を

食べていた証拠が有るので、20年ほど前までは日本のトップチームでも桃缶を

補給食に使っていたのはほぼ間違いありません。

店長にも確認しましたが、やはり桃だったようです。

 

その後、カーボローディングなんて言葉が出てきて、雪印からだったと思うが

ゲータロード(ゲータレードではない)なんて言う、粉末を溶かす飲料が出てきた。

これは、炭水化物の液体で水あめを薄めたような飲み物。リンゴ味だったな。

長いレースは補給食としてこれも併用してた。

なぜか今は生産中止になってるけど。

 

それにしても、今は良い時代ですね、自転車店で補給食が買えるし、種類も豊富。

でも、こう書いていると、久しぶりに桃缶食べたくなってきたな。

誰か挑戦してみる?