読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インジケーター

オンかオフしかないデジタルスイッチな私。

オンかオフは自分の心の中にスイッチが有って、いろいろな要素が

絡み合って、スイッチが入ったり切れたりする。

心の中のスイッチ。誰にも見えない・・・でも

外部に一目瞭然のインジケーターがある。

すね毛。

 

競技を始めたのは高校2年の6月

7月には登録選手に。

そのころ知ったのが、『選手はすね毛をそっている!』

今の高校生がどう感じているかは知らないが、

多感な高校生にはちょっとショックだった。

おかま?

最終的には選手への憧れが勝ち、剃毛へ至るのだが、

かなり抵抗感があったのを覚えてる。

 

2009年に乗り出した時も、結構抵抗があった。

それは、若かりしときに感じた羞恥ではなく・・・

経験からくる恐れ。

また、修羅の国に向かう自分が見えたから。

 

私のオンを示す、すね毛。

今は見事に剃られてる。