読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車との出会い スイス奮闘中編

 

スイスの冬の寒さとマヨルカ島での走り込みの疲労からか、

風邪を長引かせてしまった春先。

仕事を辞めて海外に行っているので、時間だけは十分ある。

時間が有るので、つい走りに行ってしまい、風邪がぶり返すという悪循環。

正直、レースはうまく走れないし、風邪は治らないで良い春先ではなかった。

 

4月、5月と暖かくなってくると調子も上がり、着に絡めるようになり、

また、現地での友人もできて、リラックスして競技ができる環境になってきた。

特に友人の中でもマルチェルロは特別で、もう、連日のように夕食に誘ってくれたり、

一緒に練習に行ったりで、とても世話になった。

彼がいなかったら、競技だけの味気ないスイスでの生活だったと思う。

 

数多くの出場したレースの中で忘れられないレースが有る。

地元で行われたGiro del Mendrisiotto。

これは、地元チームとしてぜひ勝ちたいレース。

レースは3分程度の丘越えが有る周回コース、1周十数キロぐらいだったか。

特別なミッションは与えられず、自由に走らせてもらう。

この日はとても調子が良く、2周目ぐらいで丘を越えている時に後ろが

バラバラになっているのに気が付くが、決断が付かずに下りで合流。

3周目に登りで上げると一人になったので、そのまま逃げに突入。

チームカーを従えて逃げる。

下りも市街地もぎりぎりのコーナーリングで攻める。

その後、追ってきた同じチームのマフィと交代して更に逃げる。

残り3周ぐらいで、マフィから遅れてしまい、一人集団との間で粘る。

そして何とか70キロほどを逃げ切り2位ゴール。

3位もチーム員が入り、ポディウム独占。

img208

●なんかちょっと太って見える。謎のアジア人ぽい。

 

2位とうれしいことに、最も攻撃的だった選手に贈られるCombattivo賞ももらえた。

このCombattivo賞のカップは2位のカップより立派。

2位という着順よりも、よりアグレッシブなレースをした人をリスペクトする。

レースへの考え方の違いですね。

DCIM0051

●左側がPiu' combattivo、右が2位のカップ

 

この入賞では7万円位の賞金をもらったはず。

お金はすぐに監督に渡して、監督の”神の采配”で選手に配られる。

まとまったお金を自分の脚で稼いでる感覚。

なんだか、しばらくの間、うれしかったのを覚えている。