読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車との出会い プロ・アマオープンレース後

 

もう20年以上前の事なので、書いても問題ないと思うのでここに記す。

赤坂でのプロ車連担当者の話は単純で、プロ資格の付与と強化指定選手になったと。

なので、とにかくプロ登録してくれと言う事。

プロ登録すれば、恩典が有りますよと。

DCIM0093 (2)-s

実は今回走ったプロ・アマオープンは賞金レースで、

着順によってお金が頂けるレース。

賞金と言っても現在の実業団レースの様な小遣い程度でなく、

プロとして生活していける事を

前提としての賞金・・・。

 

もう時効だし書いてもいいだろう、1位で200万円、10位で20万円。

私は8位で40万円。

宿代も払わず、エントリー費も払わず、交通費を頂き40万円!

そして、大分での強化合宿に参加してくださいと。

この合宿は担当者の言葉で『走っても、走らなくてもいいですが

是非参加してください』という合宿。

つまり、今回のレースの慰労合宿。

そして、合宿参加には交通費と一日3万円の手当が支給される。

レースで40万円もらって、6日間の合宿で一日あたり3万円!

 

貰ってません。

 

貰える条件はプロになる事。

お金は当然欲しかったし、プロと言う舞台でやることに正直魅力も感じた。

でも、憧れのサンツアーに入社してまだ数か月、

誘って頂いたH田先輩のことを思えば軽率には動けなかったし、

何よりも私自身がサンツアーが大好きだった。

そしてもう一つの大きな理由。

 

競技者としてスイスでの経験からプロロードは私の

走る世界ではないと肌で感じていた。

気温、スピード、距離・・・全てが別世界。

 

開催国であるがゆえに、出場枠は12名、強化選手になれば

出場の可能性が僅かでもあるとの思いも

頭をよぎったが、最終的にはサンツアーに残り、

アマとして頑張る道を選ぶ。

悩み抜いた24歳の春。