読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車との出会い プロ・アマオープン前篇

 

’90年 日本で初めての世界選手権が宇都宮市で開催された。

現在は自転車に乗って、それなりのチームで走り、機材サポートでも受けていれば

それをプロと呼ぶようだが、’88年時点ではプロとアマの間には大きな壁があた。

 

世界選手権もプロとアマは完全に分かれていたし、プロはオリンピックに出ることはできなかった。

世界選手権開催国になる、当時の日本国内にはプロと呼べるのは競輪選手だけだった。

私の知る限り88年時点、海外で市川さんがプロチームで走っており、日本人唯一の

プロロードレーサーだったと思う(漏れがあったらすいません)。

 

日本プロフェッショナル自転車競技連盟(のちにアマ車連・プロ車連が合併し、

「財団法人日本自転車競技連盟 (JCF)」となる)はプロロードを走る選手が

(競輪選手しか)いないので、アマの有力選手からプロロードレーサーを発掘しプロ化すべく、

おそらく日本の自転車競技の歴史の中で、かってない競輪選手とトップアマの

混合ロードレースが開かれた。

 

前々年の実業団や全日本選手権の成績を評価していただき、

私にもプロ車連から招待状が来た。

アマ出場は16名、プロは44名。

DCIM0082 (2) DCIM0083 (2)

場所は群馬CSC、距離は210K

この距離はプロロード経験者でなければロードレースで走る距離ではなくて、

招待からレースまで時間があまりなかったが、試合までの間、一生懸命に

走り込みをした記憶がある。

そして、4月19日。

バイバルレースが始まった。