読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選手のやる気は感染性が有るな

昨日は朝練で家を出るも、途中でやる気をなくして早朝サイクリングに移行した。

今はシーズンオフなんで精神にも肉体にも無理はしない。

やりたければやるし、嫌だと思ったら乗らない。

早朝サイクリングありです。大ありです。

でも、体は一定レベルから落とさない。

ここの感覚は、初心者には難しいかもしれないけど。

今日はのいちゃんのやる気に感化されてつい朝練に行ってしまう。

カーロスも参加、頑張ってるな。

対人は本気モードになるので、今は無くてもいいのだけど・・・。

 

シーズンオフなんでとりあえず走れば良いっていうぐらいのノリなんですが、

この3人が集まるとそうはならない。

やはり全開モードで進行する。

今日も涎が垂れ、嗚咽の漏れる爽やかな朝でした。

 

選手って不思議なことに、シーズン最終試合が終わるとすっと1キロ増えて、

調子も1割ぐらいはすぐに落ちる。

そして、忘年会だ正月だ、新年会だと言ってるとさらに1割ぐらい落ちる。

調子の下落にあせって、1月、2月にあがいてもなかなかタイムは上がらない。

上がらないタイムにあせりながら3月を迎える。

でも春の暖かな日にレッグウォーマーをはずすと突然に良いタイムが出る。

ちゃんと冬の間のトレーニングが身についている。

『何も咲かない寒い日は、 下へ下へと根をのばせ。 やがて大きな花が咲く』

高橋尚子座右の銘ですね。

 

来年勝ちたいなら、オフは大事です。

まずは大まかでもいいので、年間スケジュールを組む。

これは大事。

シーズン中にできなかったトレーニングをして、弱点を埋める努力も。

それから、シーズン中出来なかった自転車以外の事もね。

何事もバランスが大事です。