読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬鹿になれ!

 

今日は久々に、チーム錬に参加した。

やっぱり、人と走るのはいいもんだ。

でも、ちょっと気になった点があったので、ここに書いておく。

多分、このことはシルベストだけのことでなく、どこのチームでも

あることなので、各チームの練習の参考になれば幸いだ。

 

このことは、春に集まった時にも指摘したけど、

チームスカイになるなってこと。

大事なことは、何度でも言う。

具体的には3STのこと。

 

せっかく勝負どころでTOMOさん、H田が逃げているのをなぜ追わない?

なぜ、私が最後方から追えるぐらいでしか逃げていない先頭二人から遅れる?

なぜ、だらだらと中切れする?なぜ、淡々と先頭交代をしている?

中切れた先頭の選手は何を思っている?

後ろの選手のレース(練習)をダメにするのは平気なのか?

後ろに付いている選手は何を思っている?

なぜ、前をかわして追わない?

自分が最後まで走り切れるスピードじゃないと切れてもいい?

どうせそのうち追いつくから、ここは後方待機?

なぜ俺がブリッジかけてるのに乗ってこない?

わざと一気に追ってないのに・・・。

レースなら終わるよ!

 

TEAM SKYじゃないんだから回して追わない!

ここは擬似レース。

男気出して逃げてる選手を練習で徒党を組んで潰す?

毎度見てるよ、この展開!

自分だけがいい思いをするように、集団を残して前の二人を追え!

そうすれば3人になる。

 

同様に考える人間がほかにいれば4人になる、5人になる!

烏合の衆でなく、積極的に前に行く人間が4人なら

逃げきれるかもしれない。

君が乗らないから、逃げが潰される。

そして、君も強くならない。

何年やっても、このままではそれなりの走りしかできない。

これは断言しておく。

 

攻撃はしなかったけど、ついていけたからそれでいいっていうのは、

それなりのレベルまで。

上を目指すなら、前へいけ!

週に1回か、2回の集団練習で、その機会を十分に活かすものと

とりあえず練習するものの違いは確実についてくる。

同じ距離、同じコースを走っていても、練習効果は天と地の差。

それに気がつかなければ、せっかくの練習が無駄になる。

気持ちが変われば、結果も変わる。

ほんの30分の練習。

マンネリで走るのはやめろ。

 

ある程度のレベルに到達した選手の差はホンの少しの心がけだけ。

そこに気がついた者だけが次のステージに進める。

 

スカイになるな!馬鹿になれ!