読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017西日本チャレンジロード

今年も春の恒例である西日本チャレンジロードに出場した。

毎年のことだが、全日本選手権の出場権獲得の為に本気で走る

プロクラス(A-E)とは一緒に走れないので、登録競技者35歳以上の

(A-M)マスターズクラスでの出場だ。

解りやすく言えば、ちょっと頑張っているおじさんのクラス。

過去2年は優勝しているので、出る以上は3連覇を狙うのはもちろん、

新チーム、Newウエアでのチーム内初優勝を密かに狙う(笑)

 

 

f:id:ban-si:20170315170250j:plain

昔チャレンジロードと言えば、春に伊豆の修善寺CSCだけで

行われていた大会だったのが、広島森林公園のコースが出来てから

西日本チャレンジロードが出来たようだ。

いつものように早朝に大阪を出て、8時には到着。

朝の冷え込みはきついが、春の太陽は力強くスタートの10:30には

すっかり暖かくなっていた。

この時期に雨は流石に厳しいので、春の太陽がありがたい。

 

f:id:ban-si:20170315170727j:plain

さて、レースの方だがみっともないレースだったのであまり

書く気もしないが自戒の念を込めて書き留めておこう。

スタートから1周目はチーム員のFJTの流し先行から始まる。

私は2番手で模様眺め。前で走る方が落車のリスクもなく走りやすい。

1周目の途中で、同じくチーム員のイシトモが逃げる。

が、程なく帰還する。

 

他選手も時折逃げを打つが決定的な力強さがなく、どの逃げもすぐに

吸収される。

私はというと、スプリントに備えひたすら消極的な走りを続ける。

その間、FREE SPEEDのT山さんが果敢に先頭を引きまくる。

おそらく集団内で一番脚があったはず。漢ですね。

2周目も同じような展開で特段の事件も起こらず程ほどの強度で

進んで行く。

 

3周目の登り1段目の立体交差付近から今度はチームGINRIN熊本のT富さん

が上げまくる。私は2番手で後は見ていないがこの引きで集団は崩壊寸前に

なっていたはずだ。

幸い私はまだ脚に余裕があり、このままゴールスプリントでと考えていた矢先、

このコースの最大の負荷がかかる3段目の坂のかかりで、FJTが渾身のアタック

私は2番手にいたが当然抑えに入り、交代拒否。

FJTの粘りと、私の抑えが効き一時は逃げ切り決定かと思い、2位確保の

心づもりになっていたのだが、一人逃げの高負荷は登り返しでの失速を生み

急激にアドバンテージを減らし、FJTはゴール前の登りで吸収されてしまう。

 

そこからはもうよく覚えていないが、1位の酒居さん、3位の曹さんとの

微妙な絡みがあり一瞬踏み遅れてその遅れがそのままゴールでの差になった。

結果は2位。ゴール前に脚がなかったのは事実だ。

脚があれば微妙な踏み遅れは問題にはならなかっただろう。

自ら宣言していた三連覇に失敗。

f:id:ban-si:20170315170828j:plain

同タイムの2位で、自分の感覚では5㎝多くても10㎝以内の差だと思う。

それでも走っている本人は負けたのが解った。

1位の酒居さんの驚異的な粘りも特筆ものだった。

写真判定だったので、結果発表までに少し時間があったけど、自分の感覚が

間違っていることをちょっと期待してしまった(笑)

しかし、ロードで狙って勝つのは難しいな。

 

f:id:ban-si:20170315170857j:plain

f:id:ban-si:20170315170921j:plain

新チーム内、初優勝もお預けとなったが、楽しみが増えたと思うようにしよう。

それと、新チームが無事走り出したことを実感できたのは大きな喜びだった。

来週からは実業団レースがスタートする。

楽しく、苦しく頑張っていこう。