UCIグランフォンド世界選手権2018VARESE 観光編

今回のイタリア遠征は試合を中心に考えて日程組をした。
つまり、試合後の観光は考えず、試合前に十分時間を取り、時差ぼけの解消と
コース確認に充てる日程だ。火曜日夜に現地入りし、試合は日曜日、月曜の
早朝には宿を発つ。ジロでおなじみのドロミテやアオスタ渓谷なども楽しみたかった
が北イタリアは車も多く、移動に時間がかかるし、慣れない右側通行、左ハンドル
での疲れやリスクは日本で移動するのとは比較にならない。距離的に近所であるはずの
スイスへの移動ですら、行って帰れば半日仕事だった。

そこで、金曜日は特段の予定もないので、ミラノは初めての藤原氏と世界的観光地
ミラノのDuomoへ電車で向かう。
私はミラノはスイスから一番近い都会だったので、過去何度も訪れているが、
最後の訪問からは30年経っている。久しぶりに訪れた世界遺産Duomoは、記憶の中の
それより大きく、荘厳でイタリアが世界に誇る文化遺産だと再認識させられた。

f:id:ban-si:20180920162022j:plain

Duomoを見た後は、Duomoの裏手にあるFerrariショップへ。F1やツーリングカー?の展示などもあり、世界中のFerrari好きが目を輝かせながらグッズを物色していた。
やっぱりFerrariはロマンがあるなぁ。

f:id:ban-si:20180920162042j:plain

f:id:ban-si:20180920162049j:plain

そのあと、ミラノ郊外にあるデローザの工房へ。実は私は昔自転車メーカー
に勤めていた時は鉄フレームの溶接をしていた。とは言っても3年ほどしか在籍してないので、部分でなく完全に自分で作成したフレームはこの世に3台ほどしかない。
全て散逸し手元にはないが…
創業者ウーゴ・デローザは今でも看板として、工房前のオフィスに鎮座している。
ウーゴの息子さん?に工場を見学させてもらい、最後にはウーゴとの記念撮影。

f:id:ban-si:20180920162644j:plain

f:id:ban-si:20180920162701j:plain

f:id:ban-si:20180920162724j:plain
更にサインまで頂いた。ウーゴは御年84歳だが、老いてもなお、凛とした雰囲気を纏っておられました。wikipediaによると『12歳のときから自転車フレーム製作の修業を始め、1953年、18歳のときに独立してデローザを興した。』とある。神ですね。

さて、前置きが長くなってしまった。次回はレース編

UCIグランフォンド世界選手権2018VARESE 試走編2

藤原氏の自転車も無事引き上げたので、この日は後半1/3を試走する。
後半は前半に比べるとそう難しくはない。前半のインパクトが強すぎる。

バレーゼを含む北イタリア(南部スイス)は立地からなのか、自転車競技が盛んで、コース上にも自転車に関するのモニュメントがあった。金色のプレートは歴代の優勝者のもののようだ。

続きを読む

UCIグランフォンド世界選手権2018VARESE 試走編1

 移動とロスバゲに振り回された1日目だったが、気分を取り直し二日目を迎える。
日本とは時差もあり朝は熟睡感がある。※現地の朝7時は日本の14時。
この日はコースの前半を実走で回る予定だったが、藤原氏の自転車がまだ届いて
いない。ネットでロスバゲの確認ができるのだがそちらも動きなし。
仕方がないので私は実走、藤原氏は車でコース確認という選択。実走がベストなの
は言うまでもないが、自転車がないのだから仕方がない。

藤原氏のお店のリンク

続きを読む

UCIグランフォンド世界選手権2018VARESE 移動編

UCIグランフォンド世界選手権2018VARESEへ参加してきた。
この大会は日本で夏に行わたグランフォンドニセコ予選の本選に当たる。
だからこの大会は世界選手権の位置付けだ。ちょっと気恥しいけど。
しかし、大会のレベルとしては相当高く、走力、テクニックともにエイジの世界一を決めるのに相応しい大会だと走り終えた今思う。

f:id:ban-si:20180910142755p:plain

続きを読む

リスクと勝利への欲求の狭間で揺れる

凄いニュースを耳にした。

関西国際空港を離陸した飛行機から外装のパネルが

剥がれ職場近くの西天満国道1号線で信号待ちを

していた車の上に落下したらしい。

https://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1506222451230/index.html

上空3000Mからの落下物、当たり所が悪ければ即死だな。

おちおち外も歩けない。

続きを読む

やっぱり大阪人だから、始末するところは始末したい!

土曜日の大阪は練習に出たい微妙な時間に雨。

この季節だから、「濡れていこう」でもいいはずだが

サボりたい気持ちも微妙にあって、「雨は危ないしな」とか、

疲れてるしとか色々言い訳を自分の中で作り出して

最終的にはローラーへ。

一時間しっかり踏み込んで終了。

続きを読む

やっぱり暑い

土曜日は少し早めに集まり、北摂地域を走った。
山を中心に走りたいカーロスとは瑠璃渓で分かれて
三田方面へ。これが思ったより距離があって
家に帰ってみれば、145Km。
酷暑の中と強度を考えれば走りすぎた。
しかし、あまり後半激しく追込んではいないので
そう身体へのダメージは残さなかった。

続きを読む