やっぱり大阪人だから、始末するところは始末したい!

土曜日の大阪は練習に出たい微妙な時間に雨。

この季節だから、「濡れていこう」でもいいはずだが

サボりたい気持ちも微妙にあって、「雨は危ないしな」とか、

疲れてるしとか色々言い訳を自分の中で作り出して

最終的にはローラーへ。

一時間しっかり踏み込んで終了。

続きを読む

やっぱり暑い

土曜日は少し早めに集まり、北摂地域を走った。
山を中心に走りたいカーロスとは瑠璃渓で分かれて
三田方面へ。これが思ったより距離があって
家に帰ってみれば、145Km。
酷暑の中と強度を考えれば走りすぎた。
しかし、あまり後半激しく追込んではいないので
そう身体へのダメージは残さなかった。

続きを読む

2017西日本チャレンジロード

今年も春の恒例である西日本チャレンジロードに出場した。

毎年のことだが、全日本選手権の出場権獲得の為に本気で走る

プロクラス(A-E)とは一緒に走れないので、登録競技者35歳以上の

(A-M)マスターズクラスでの出場だ。

解りやすく言えば、ちょっと頑張っているおじさんのクラス。

過去2年は優勝しているので、出る以上は3連覇を狙うのはもちろん、

新チーム、Newウエアでのチーム内初優勝を密かに狙う(笑)

続きを読む

UCIグランフォンド世界選手権パース 後編

ゾロ目教って知ってます?

ゾロアスター教じゃなくて。

宗教っぽいけど、宗教じゃないやつ。

888とか1111とかに拘る指向の人を

茶化して言う言葉。

続きを読む

UCIグランフォンド世界選手権パース 番外編

オーストラリアは検疫に非常に力を入れている。

30年前にシドニーの空港に着いたとき、検疫官が

飛行機に乗り込んできて、2丁ガンよろしく両手に殺虫剤を

もって、噴霧しながら機内を歩いていたのが印象的だった。

海外からの外来種のハエや蚊が持ち込まれるのを恐れてのことらしい。

続きを読む

UCIグランフォンド世界選手権パース 前編

オーストラリアと四国って形が似てるって昔から思ってた。

こんなこと思ってるのは自分だけ?と疑問に思いググってみたら

同じように感じる人が世の中にはいることが解り一安心した。

続きを読む

UCIグランフォンド ニセコ レースレポート

 

若かった時の私を知る人の評価は、タイプとしては

クライマーと位置付けているようだが、実は違う。

その当時から劇坂と長い上りは苦手だった。

得意なのは今でも同じ・・・5分程度の上りだ。

当時のレースではほとんど長い上りは設定されておらず

小さなのぼりを含む周回路というような設定が多く、

長い上りや劇坂は苦手という私の欠点はあまり問題にならず

現役時代を過ごした。

続きを読む