読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだかんだ言っても最後は肉でしょう。

 

『ちゃんと食べてますか?』

なんとなく洩らした『調子が悪い』と言う言葉に

帰ってきたてっちゃんの言葉。

思い当たる節があり、返答に困ってしまった。

流石はプロの飯を食ったことのある男だ、

核心をついてくる。

 

基本的に自分はダイエットはしない。

走れば、走るだけ痩せていくし、気温が上がればなおさらだ。

走らなければお腹はさほど空かないが、走りがハードだと

お腹がとたんに減りだす。

 

しかし、思い起こせば西チャレだ合宿だと走り回り、朝練もしているのに

少し食事が淡白すぎる、淡白でなく蛋白を取らなくてはいけない。

特段の食事制限、品目制限はめんどくさくストレスがかかるので、

やらないが、なんとなく重い食事に切り替えていく。

ランチは外食なので、自己選択が出来るから、出来るだけ肉が入っている

食事をオーダーするようにする。

 

すぐに結果が出る対策ではないが2ヶ月もしたらそれなりの結果が出るだろう。

 

ちなみに既に4日経過してるが、今のところ体重に変化はない。

20代の選手時代は毎日練習時間が有り、それなりに距離も走っていた。

当時は若さもあり、お腹が減りまくるから、爆食と言っていいぐらいに

食べていたが、一切太らなかった。

というか、ガリガリだった。

ちゃんと練習が機能していれば、普通の食事で太ることはありえないが私の結論。

皆が同じではないかもしれないけど。

 

20代の選手時代に尊敬する先輩選手に言われたこと。

『ロード選手は肉を喰わないとダメ』

毎日数時間ものトレーニングをこなし、消耗しているのだから

肉を食べないと強くならないよと。

この言葉を今でも信じている。

 

ロード選手は登りが勝負どころであるために、どうしても減量に執心する。

その為に食事を制限して、調子を落とすようでは本末転倒だ。

練習をして、自然な形で体重を落とす。

 

しっかり練習して、しっかり食べて、しっかり休む。

これだけ。

これの繰り返し。

 

肉を食って強くなろう!

業界の回し者みたいだな・・・。