読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェイズⅡ突入

FJTから貸してもらったパワータップを装着しての初めての朝練。

気温は-3度でボトルの水は凍っていたが、これは想定内で季節の風物詩的なもの。

寒さについては、もう平常心で受け流す。

言い訳をしだしたらキリがないというか、弱い心が雪崩を打って崩壊する。

 

ガーミンの説明書がネット上にあるようだが読んでないので全貌は解らないまま。

取りあえずなので、スピードセンサーもついていない。

パソコンにデーターを取り込もうとしてもコードが悪いようでUSB経由の認識が出来ず

データーの解析が出来ない。

ナイナイづくしだが、取りあえずパワーは計れる。

 

今日は松ちゃんとの我慢大会から二日休んだ後の脚で、走れる日だと予想して走り出す。

走り始めると、ここのところ、非常に調子が悪かったのだが、予想どおり調子が良い。

良いというか普通に走れるという感じ。

まずまずのタイムで二つの登りをこなして、本日のメインイベントへ。

マックスパワーチャレンジ。

 

チャレンジポイントは2カ所。

どちらも、短い丘を駆け上がるポイント。

どちらも本気で踏む。

勾配の緩い方は下ハン、きつい方は上ハンで。

結果は1006W。どっちの坂で出たかはわからない。

早く解析ソフトを導入しよう。

ちなみに体重は58㎏。

 

さて、かねてから予定していた1月15日を迎えた。

前にも書いたが、レースの日は動かないので、逆算して計画を立てる。

いつまでも正月気分ではいけない。

時は満ちた。

 

フェイズⅡ突入をここに宣言する。

 

結局は、必要な負荷を適切なタイミングで適切な量を体に与える。

それをひたすら積み重ねる。

決めたらブレない。

それが出来たもの勝ち。