読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車との出会い 帰国-引きこもり編

日本に帰ってまず最初に食べたのは寿司。

スイスに滞在中は幾度となく、寿司を思い浮かべていた。

物価の安かったスペインで日本食を食べたが、流石に寿司は

食べてなかったので、酒じゃないが、五臓六腑に染みわたった。

そして、帰国を祝い両親が日本海に蟹ツアーへ連れて行ってくれた。

これも最高だった。うれしかったな。

 

ロードに出会ってからは大きな夢を手に入れる為に走ってきた。

ここでその夢が手に入らない事が現実となり、目標を見失った。

昔から極端で短絡的だった。

夢が手に入らないなら辞めよう。

そう決断して帰国した。

 

さてどうするか、今後どう生きていくのか。

夢には迷いがなく一直線だったが、夢以降の事を考えてなかった。

仮定であっても、夢が手に入らないなんて想像すらしなかった。

この時24歳。

いい大人が、笑ってしまうぐらいノープラン。

でも本人には全く危機感は無かったな。

色々な意味で若かった。

 

そんなこんなで引きこもっていた’89年の1月のある日、

人生の方向を変える電話が鳴る。