読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色気付く

 

男は色気がないとだめだと思う。

いや、女もだな。

人は色気がないと駄目だと思う。

残念ながら色気と言ってもセクシャルの話ではない。

 

最近、一生懸命新しい服を着ようとしているが、ほっておいたら

ユニクロで年中過ごし、出かけるときも何を着ていけばいいのか

わからず、右往左往するセンスのなさだ。

女性に対しても全くダメ。イタリアーノにはなれない。

 

少し前だが”ちょい悪オヤジ”なんて言葉が流行ったが、

憧れはしても到底なれそうにない。

裸足で靴なんて履けないしね。

人は自分に無いもを欲しがる。

 

ファッションセンスのかけらもない自分だが、自転車に関しては

いつも色気づいている。

一人で練習に出れば『今日はベストタイムが出るか』と思うし。

二人で行けば、『絶対負けるか』と思うし。

皆で走れば『どうやって勝とうか』と思い走っている。

 

レースの前になれば『うまくすれば優勝できる』、

『展開が味方すれば…』と実力を無視した妄想を

半ば本気で繰り広げる。

走る以上はいつもムンムンに色気づいている。

人によってはそれを”邪悪なオーラ”と呼ぶが。

 

勝ちを狙い走る選手はどの選手も色気に満ち溢れてる。

それは一緒に練習したり、レースの集団の前で走っていればすぐわかる。

体から溢れ出す色気は隠して隠せるものではないのだ。

その反面、最も選手として評価が低いのが『あいつ勝とうという気があるのかな』

『試合に出ることが目標になってるやん』と言われるような走り。

そんな色気のなさでは、男も女も寄ってこない。

もちろん勝利の女神も。

11884981_882740918472990_2307880759720472482_o

色気を持ち続けているから辛い朝練も頑張れるし、

危険なゴールスプリントに突入していけるのだ。

 

シーズンもいつの間にか終盤を迎えている。

秋の走りやすい季節、しっかりと練習したい。

限界は自分で決めない、常識なんて全て打破する。

苦しいのは気のせいだ。苦しさの向こうに勝利がある!

それが出来るのが”お色気パワー”だ。

 

色気とは選手としての目標意識であり夢。

さて、明日も変な色気出しまくりで練習だ。